株式会社山田エスクロー信託
ENGLISH
 
 
Q&A
 
Q&A
 

山田エスクロー信託に関するよくあるご質問をQ&A形式でお答えいたします

Q1. 手数料はいくらですか?
A1. 当社は、お客様のご要望・ご計画に応じて信託スキームを考案し、想定される信託事務の質・量に見合った信託報酬を設定させて頂きます。
例えば、1億円で3ヶ月間の信託と月額平均1百万円で1年間の信託の手数料がどちらも信託元本の1%ですという計算は一概には成り立ちません。
行なう個別の信託業務の対価として、それぞれに見合う料率または金額を予めご提案させていただきます。
ちなみに、信託銀行より安いとご好評をいただいております。

Q2. 山田エスクロー信託の特色は何ですか?
A2. オーダーメイドのサービスを提供しています。
例えば、M&A取引、後払い式出来高払い住宅完成保証、賃貸物件の家賃、前受金信託による商品売買、有料老人ホーム入居前払金など、様々な金銭信託、保全スキームをご希望に合わせてカスタマイズしております。(HPの「エスクロー活用事例」で詳細をご覧ください。)

Q3. 信託銀行と信託会社の違いは?
A3. 信託会社は、信託銀行と違い、貸付や預金等の銀行業務は行なっておりません。

Q4. 山田エスクロー信託が倒産したら?
A4. お預かりした信託財産は、信託会社自身の財産から分別管理することが信託法及び信託業法で義務づけられています。
山田エスクロー信託でお預かりします信託財産は、弊社の固有口座と信託口座が分別管理されており、弊社が破綻した場合でも、信託財産はその影響を受けません。

Q5. 管理型信託会社とは?
A5. 平成26年6月30日現在全国で8社の信託会社が管理型信託会社として当局宛登録をしていますが、そのうちの1社です(関東財務局長(信3)第3号)。運用型信託会社と違い、信託会社の権限が限定されております。特に最近では、様々な分野で信託保全の義務化や信託財産の分別管理の徹底が求められている状況の中で、委託者の指図が無い限り信託財産を交付しない管理型信託会社の活用が、より安全な信託方法と考えております。

もっと詳しく知りたいことがございましたら、是非、ホームページのお問合せ、またはお電話(045-325-5081)でご質問くださいますよう、お待ちいたします。